いだてん

金栗四三さんの時代も面白かったのですが
なんせ
先駆者は苦しいことが多すぎて
悲しいことを乗り越えることが
多すぎて

それはまるで今の「いだてん」と
おんなじところにあるように
見えます。

ま、田畑政治は周りを気にせず
強引すぎる走り方で
水泳にのめり込むところに
琴線がブルブルって震えます。
笑ってるんだが、泣いてるんだが。
見て、なんだかスッキリしています。

ここだけの話なのですが
「いだてん」の影のヒーロー嘉納治五郎先生の
おひげなのですが
真っ白い時と黒いものが混じる時があります。
これがふっと気になってます。
物語にのめりこみ出したら
見えないのですが、時々ご飯作りながら
見てたりすると見えてくるのです、な。

The Covers

最近(と、言っても)3月の
カバーズを見なかったら
なくなった!ってびっくりしましたわ。

昨夜、スペシャルがあって
日曜日の夜になったことがわかったのでした。

一曲目が喝采なんて
掴んでくるよなぁ。
テレビの前から動けなくなった。

リリーさんのおもしろ話は
ここでしか聞けないですし。
毎月最終日曜日、忘れないようにしよう。

緊急取調室

3seasonが今春始まった。
嬉しいです。
大好きなドラマなので。

田中哲司が好きなもんで。
このドラマはこの人の
かっこいいところ満載だからね。

いやあな奴、演らせたら
ホント上手くって。
キントリが始まらなかったら
嫌いになるところやった。

まんぷく」は特に
いややった〜、しみじみ。

今seasonは春さんが艶っぽくて
ドキドキして見てるんやけど。

ま、このドラマはスーツの人に
ドキドキしてしまうのです。
さぁ!堪能するぞっ。

面白南極料理人

見たい見たいと思いながら
見逃していたドラマ。
面白いです。

こういう抑揚の小さい物語は
なんか大事なものを
見つけさせてくれるような
感じがします。

本も読んでみようかな。

面白南極料理人 (新潮文庫)

面白南極料理人 (新潮文庫)