SHERLOCK4

なんでしょうねぇ。
テンポの面白さは
外さないドラマだなぁ。
ホームズの謎解きは
S1からしたら
少し外し気味な感じはしますが
それは登場人物が自由に動き出してるから
しょうがないと思ったりします。


シャーロックの薬物中毒に
頼る部分はなんとかできないかなぁと思ったりします。
高機能社会不適応者なら薬物に頼らなくても
なんていうか
元々社会から逸脱しているんだからとも
思ったりします(個人的意見です)。

でも
テンポの良さと間の良さは
私好みなので
どうしても見てしまいます。
S4のE2は泣いてしまいましたからな。

いい台詞がありました。
 自らの死は自分のものではなく
 周りが受け止めるもの

広告を非表示にする

緊急取調室2

もう最終回。
4月からもう3ヶ月経ってしまったんだなぁ。
早い、早い。
最終回は本当に面白かった。


2nd全てを見て
ランキングをつけてみようかなぁと
思ったのですが。

一番心がときめいたのはオウムの回。
一番泣いたのは靴下を履かせるDr.の回。
一番怖くて不安に思ったのは三田佳子の回。
これは、結局加害者である高齢の婦人の本心は
わからないままだった。
恋心、あったんやないかなぁと私は思う。

ネイリストも怖かったけども、これは実は
信頼しあうということはどういうことなのか
孤独ってなんなのか振り返ってしまう怖さがあった。

女同士の仲間も怖いし
過剰労働も怖いし
冤罪を隠蔽しようとする大きな組織も怖い。

意外とすごい身近にこの恐ろしさがあるのが
さらに怖さを煽るのである。
自分がその怖い世界に踏み入れてしまう可能性があるという事実。


あ〜こわ。

広告を非表示にする

田中哲司

個人的にこの俳優さんが大好きなので。

前々から呟いてますが
この俳優さんの含みのある表情には
いろんな妄想が広がる
楽しみがあります。

その楽しみが好きで
この俳優さんが出てる
その楽しみを堪能できるドラマは
大好きになります。

浮気は悪いことです。
そのせいでドラマに出られなくなるなんてことが
起こるなら
早く離婚してくれた方が良いです。

この俳優さんが結婚していようが
バツがついていようが
基本的には私は関係なく
この人が出てるドラマを見たい。


・・・当然、この人の奧さんには何の感傷もなく
この人の奧さんの身内や友達の立場であれば
いろんな気持ちを私だって持っただろうと思いますが。

でも
今の私はこの人が出ているドラマが見たいのです。
神様、お願いです。
これからもこの俳優さんがテレビで見られることが出来ますように。

広告を非表示にする

緊急取調室2

今週のは怖かった。
怖かったぶん
おもしろかった。
「出世の権化」

孤独につけ込む商売

少しあらい物語の運びでしたが
でも
私はこのくらいはオッケー。

真壁さんが
信頼されているんだなぁという土台が
孤独との対比になっていて
さらにおもしろいなぁと思いました。

広告を非表示にする

今日の緊取室

面白かったねぇ。
ブラックとスマイル がテーマ。

警察官の仕事が「ブラック」で
現実の不条理にほぞを噛む気持ちを抱えても
続ける警察官の仕事

ブラックの企業に対して
「ブラックユーモア」で対応しようとした
スマイル大好き社員
スマイルで仕事が出来ないと
ダメだと言い切る社員


あんな企業は確かにあかんと思うけども。
給料ってやっぱり不条理に対する対価なんかなぁと思ったりする。
そんな年齢になりました。
不条理を抱えて漏れるスマイルに、実は心が動いているだと思う。
仕事ってそんなに単純じゃないんだなぁ。
だから、身近な人を大切にすることも人生には
大事なんだと思うのでした。

広告を非表示にする

4号警備

今回はDV。
依頼者は夫だけれども、その夫が加害者。
う〜む。
加害者って被害者が
被害を受けたと言わなければ
加害者と成り立たないのだな。
今回はそういう難しさが
隠れてて透けて見えているのですが
なんせ30分ドラマ。
そういう難しさは現実にお預けしてしまっています。


現実のそういう矜羯羅がった難しさに
直面しがちな私としては
こういう時、実は丁寧に見せて欲しいと思ったりもします。
実際、こういうとき、ウルトラマンカダレカタスケテと心から叫んでも
自分で丁寧に解いていかなければならないし
足元救われないようにたくさんの人たちと協力しないといけないので。
まぁドラマだからしょうがないのですが。


虚像な世界を間近に感じた現実にいる私たちにとって
このドラマみたいにそれぞれが簡易に動くことが可能ではない
というか
それが長期的にとても危険なことであるということが
見えてこなかったようにも思うのです。


でもその雰囲気はあったと思うので、まぁ許容範囲。
池山さんの竹輪おでんネタ(今回、なんで竹輪あんなに長いんだろう?て見てたらああいうことに)
には大爆笑でした。
ボクシングの場面も現実的で良かった。
池山さんの信じてるという気持ちがあのスパーリングにこもっていると涙しました。

広告を非表示にする

緊急取調室2

オウム相手に取調べって回だと思っていましたが
全然違うから。
梶山管理官の表情が主役の回でした。


そのそも(遺留捜査の時から気づいてた!)
田中哲司さんは
微妙な表情が素敵な人なので
こういう話の流れは
この人なら成立すると断言できます。
この人の表情の崩れ方で
見ている私達の方に
梶山管理官の気持ちを推し量る遊びが
混じっていてさらにドラマが面白いのです。


梶山管理官がさらに人間ぽくなって
素敵になるのです。

広告を非表示にする