読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒

今回のは橋本一監督のカラーが よく出ていたからすぐ、わかったよ。

食中毒の件。 食堂とか給食関係の人は きっとみんな突っ込んでいたと思いますが お客さんに提供した食品は全て保存するので すぐに始末することはないのです。 翌日に片付けるなんて 家庭料理か?って思いましたわ。 腸炎ビブリオなんて ほんまもんの名前、…

今期はあんまりノレないままだったなぁと 思っていましたが さすがに古沢良太脚本になると ノレない相棒でも 内容で引き込ませるなぁと思いました。 最後は号泣でした。 加藤清志郎君だからこその 最後のシーンだったと思うし。 ドラマだな、と思わせても 蘇…

相棒tenの再放送が 今日から開始されました。 逃げ水から。 本放送のときは 淡々とすすんだので 「ふ〜ん」ってな感じでしたが 見れば見るほど この内容は深くて、 あり地獄のような逃げられない苦しさを 味わうことになり 泣けるなぁと思った次第です。

どこかで「杉下右京と愉快な仲間達」にすればよいのに、と 書いてあるのを見たのですが 本当だなぁと思いました。そして それを読んだら気持ちが楽になって 今回のは楽しく見ることが出来ました。 杉下右京らしくはないのですが 大好きな捜査一課のお三方と…

何に違和感を感じているのか。 それは長い時間をかけて相棒を見てきた自分にとって 突然の変化に自分がついていけてないからだと思います。 誰か登場人物が変わってしまったというものではなく 長い時間積み重ねてきたモノを 変えたことで 自分が何を気に入…

なんともはやってな感じでしょうか。 話の展開も雑だし。 目を少し離してもいいか?って感じだし。 でも、捜一トリオや暇か課長、米沢さんを見たいしなぁ。 そんな感じで一時間が過ぎました。 ノリで刑事ドラマを作ってた時代は 昔のことやないのかしら?と…

見たんですけどね。 感想はいずれ、、、。 実は 今更tenを見直してみる毎日。 なんだろうか。 神戸君のがんばっても右京さんになれない秀才ぶりが 右京さんを引き立たせていて 神戸君が自分と重なる感じが好きやったんやなぁと elevenを見て実感するのである…

買ってしまいました。 season1〜10まで見てきて トップ1はseason9ですので 当然、買うべきではないかと思った次第です。 トップ2はseason5。 内容が私好みばかりです。相棒オフィシャルガイドブックvol.3 (NIKKO MOOK)出版社/メーカー: 産経新聞出版…

映画第2弾は何度見ても面白いなぁ。 テンポが早い速い。 熟考する時間がないじょ。 私は相棒9のすべてのエピソードが大好きなので、 (正月特番もですよ) この映画は相棒9のエピソードの一つとして やっぱり大好きだと実感しました。

*

個人的には 亀山さんのときの話のすすめ方よりも 今の方がシンプルで好きやったんですが。 話題作りで本当にミッチーが 辞めさせられることがあるのか分からないけれども。 本当ならば、こういうことはドラマだけではないんやなぁ。 実際、突然こういうこと…

相棒元日SPはなかなか面白かったです。 緊張しながらも 笑えるところもあって 長時間目が離せないドラマでした。 芹沢が撃たれた時にはちょっとびっくりして跳ね起きた。 予想外だったですわ。 どこかのブログに、共感されることで主犯の心が開いたのだと書…

今夜のは、深い。深すぎる。 日本のエネルギー問題に 一歩踏み込もうと頑張った内容。 原発問題のことや 原発の次のエネルギー開発に絡む 数々の足枷。 そういうふうなのをなんとか雰囲気だけでも 影だけでも映し出した感じがしました。 今夜のは涙よりも ど…

*

今日はぼんやりと 右京、風邪をひくを何度も見る。 すべてがつながっている話。 孤独死とはなんなのか?と考えさせられる話。 死ぬ時は皆ひとりなんだけども、、、と最近考えてたんだったなぁ〜。 ま、これは個人的な考えなのだが。 ただ何度も見ているうち…