NHK

ひよっこのおもひで

読むたんびに泣けてくる。www.nhk.or.jp

ひよっこ

最終回はずっと泣き通し。 なにに泣けたのか?ささやかな良いことに笑顔で嬉しいと思えること。多分、そういうことの積み重ねに 涙が止まらなくなりました。ささやかな良いことがあることの ありがたさを もっとちゃんと噛み締めなければならないと 胸がじん…

悦ちゃん

面白かったぁ。 悦ちゃんが可愛くて ああ この子のために 何かしてあげたいと思うわな。禄さんも しみったれてるなぁというところがあっても ここぞ!と いう時には男らしかったし。夢月も春奴もカオルさんも鏡子さんのお父さんも 癖があって 近くにいたら嫌…

ひよっこ

NHK

4月から実は見続けておりました。 (1週目は見逃したけど) 増田明美のナレーションに 興味があって見始めました。奥茨城での時子、三男、みねこの姿も お父さんが失踪して上京を決意した時も 乙女寮も 向島電気が無くなって すずふり亭で頑張っている姿も …

The Covers

NHK

今年度から月に一回になり、見逃しやすいので 探して録画するようにしているのですが 今月は録画しててよかった〜。最高の回になりました。 もう〜保存版です。「夢で逢えたら」も最高でしたが 「Women」も最高。 薬師丸ひろ子の声はなんでか涙が出てきます…

おんな城主直虎

NHK

嫌われ政次の一生もう最初っから 彼がどういう立場で死んでいくのかが わかっているので 直虎との信頼関係が 強く太くなっていく経過を 見ていくのがとてもつらく思っていました。なので 昨日も見るのを躊躇ったのです。 しかし 井伊家をいつも中心に考え 嫌…

落語ザムービー

NHK

2夜連続。 楽しみにしていました。 なんたって怪談ものでしたし。 死神はどこかで聞いたことがありましたが 映像化したものも怖かった。 死神が完璧でした。 死神次第なんだな、と書きながら今思う。 茄子娘もなんか、出てる人が出てる人だったからか 俗世…

今年の夏は

NHK

最近は怖い話をテレビではしないもんで ここでもグチグチ、ブツクサ言っておりましたが 今年はNHKがやってくれました。怪談人がとてもよかったです。 鬼伝説も良かったなぁ。 鬼婆は悲しくて、現代にも通じてる。 怖さとは、我々のすぐそばに存在していると …

SHERLOCK4

なんでしょうねぇ。 テンポの面白さは 外さないドラマだなぁ。 ホームズの謎解きは S1からしたら 少し外し気味な感じはしますが それは登場人物が自由に動き出してるから しょうがないと思ったりします。ま シャーロックの薬物中毒に 頼る部分はなんとかでき…

4号警備

今回はDV。 依頼者は夫だけれども、その夫が加害者。 う〜む。 加害者って被害者が 被害を受けたと言わなければ 加害者と成り立たないのだな。 今回はそういう難しさが 隠れてて透けて見えているのですが なんせ30分ドラマ。 そういう難しさは現実にお預け…

おんな城主直虎

直親が死んでから なんか面白くなってきた。 ちょっと調子よすぎるんじゃね?という 場面展開もありますが。 でも この時代を全く知らないので この時代の人間の生き様、楽しみ、苦しみ そういう空気感が画面から出て来ると面白いなぁと 思うのです。 政次(…

ブラタモリ

オンタイムで箱根を見る。 今日のタモリさんと近江さんは行ったり来たり。 えらい動き回るなぁと思って見ていましたが 箱根は大きいのだということに尽きる と、思い至りました。 長い時間が積もり積もった風景は偉大だ。

立花登青春手控え2

時代劇がますます面白くなっている。 ひと昔前よりも 面白いと思うのは きっと電話も手紙もなくて 不自由な世界の中で 人の心は自由に生きている世界だから。 今は不自由ではないようで結構、不自由な世界だと痛感する。前も見てましたが 今回のも変わらず、…

英雄たちの選択

NHK

面白かった。 平安時代を取り扱っていたのに なんでか今の日本の官僚政治が うっすらと重なって見えた。 1400年前と日本人は 全然変わってないんだなぁ。

4号警備

窪田正孝くんは ゲゲゲの女房に出てた頃から 気になってる。 若いのに上手な子だなぁと思ってた。 そして最近は いろいろ頑張ってるなぁと思ってた。 とうとうNHKで主演をはれるようになりました。 嬉しいね。北村一輝さんももう一人の主演。 この人は濃いい…

英雄たちの選択

NHK

時々見ていたのですが こないだの島津家の関ヶ原は とても面白かった。 この時の島津家が 明治維新に影響してくるとは 徳川家康もビックリだろうなぁ。 でも長いこと生きてきて あの時のこの言動が今、効いているってのは よく感じるので きっと歴史的な視点…

オリエント急行殺人事件(クリスティ版)

三谷幸喜版のオリエント急行殺人事件の記憶も 生々しく残るゆうべ、見ました。 このドラマ、三谷版では殺人を遂げる時に 涙があふれてきてしょうがありませんでした。 今回も三谷版の記憶もあり、泣けて泣けて ずっとじっと見ておりました。しかしクリスティ…

稀勢の里関を横綱にする会

昨年末の「大相撲この一年」で この会の発足を聞きました。その時の稀勢の里関の 明るい声のインタビューに この人は前向きな人なんだなぁと思って まだこの人はわからないかもなぁと思っていました。昨年夏、横綱を逃した時に もうこの人の横綱はないかもし…

真田丸

最終回 どこか、1回目に戻ったような 信繁が武田勝頼と被ってしまうような 錯覚をずっと持ち続けてきました。 今日の最終回は 彼が果たした役割を 彼に課せられた役割を しみじみと反芻しています。 人生とはなんなんだ?と思わずにはいられない。だからこ…

落語ザムービー

NHK

結構ハマってる。 落語に沿わせてドラマ仕立てになっている点では タイガー&ドラゴンやちりとてちんとも 違っているのかな?と思って見ています。 今回の長短はサクッとしてて 面白かった。 はてなの茶碗は やっぱり噺家の色が出てしまうんだなぁと思って見…

ここまで来ると

新撰組!もかなりよかったんだけどもねぇ。 SNSがあるとなんか、すごく盛り上がっているように見えるので 不思議です。 真田丸はあと4回になり、私の中でももう、カウントダウンが始まって 胸がキュンキュン痛くなりながら 見ている事態です。 三谷幸喜を思…

真田丸

結果が分かっているだけに 少し憂鬱な気持ちでいるのですが それでも見始めるとワクワクして まるで今年はじめに草刈昌幸と信幸、信繁で 懸命に生きてきたあの頃を 思い出すような気持ちになってしまうのでした。 そして終わってしまうと また、現実に戻り …

真田丸

幸村誕生。 「村」はきっと九度山村が由来だなぁと 個人的には思っていました。 でも、くじで決めるとは思ってませんでしたが。 求められても 火中の栗を拾う気持ちにならない、ていうかなれない 私はね。 信繁の立場は 本当に自分の死が見えている大阪城に…

真田丸

「勝負」は第二次上田合戦と その直後の関ヶ原だと思っていたのですが こういう描き方があるのだとびっくりしました。なんせ戦の場面になると、 草刈昌幸がものすごく輝きだすので驚きます。 綺麗で飄々としていて 意表をつくけど、理屈で裏打ちされている。…

真田丸

犬伏の回は最高だった。 ある程度の覚悟を持って見ていたのだけども 覚悟を上回る流れと意志の強さと 逃れられない事実に立ち向かう人間の潔さや爽やかさに 号泣ではなく、サラサラとした涙が頬をつたいました。

千代の富士 星になる

黄金時代を幼少期 ワクワクしながら応援した。千代の富士と元九重親方(現、北の富士)が 並んでテレビに映っていると男前同士やなぁと 幼少期の自分が心ときめいてたことを思い出す。 今考えるとえらい年増趣味になるけども。引退するときは時代の流れを実…

びっくりするよね。

あっという間の梅雨明けなもんで。 どれほど、何もテレビを見てなかったのか?という事態である。 全然見てないわけではなく、 もちろん真田丸は欠かさず見ているし。 意外にてるてる家族にはまってたりもする。 でも今日、書きたくなったのは 今日の横綱と…

あかんあかん

NHK

刑事フォイル。 忙しくてなかなか見られなくて この大型連休に全部見たけども あかん、中途半端。 これは何?と思って 調べてみたらやっぱり途中だった。 サムはどうなるの? アンドリューとサムはもう復活しないの? なんかよくわからないまま、 すっきりし…

あさが来た

スピンオフを連休になってやっと見られた。 それでやっとあさが来たも終わりを迎えたって気持ちになった。 このドラマ好きやったなぁ。 働く女を支える男子が決して男らしくないわけでもなく 働く女子を褒め称えるだけのドラマでもなく 女子だからしんどいと…

新映像の世紀

NHK

前の映像の世紀も大好きで何度もなんども、見たのですが 今回のも全部きっちり見ました。 インターネットという手法が生まれて テレビを超えて世界をつなぐことが容易になりました。 前と変わったところはここでした。 いや、前はこの世の裏側にある経済活動…