夜の表現が綺麗で うっとり見てしまいます。 必殺仕事人も 夜の場面が多かったなぁと。 昔は話の流れにしか興味がなくて 場面場面の美しさはよく見てなかったなぁと。 そんなことを思いながら 何度も何度も見返してみてしまいます。 男の人の着物姿は 背中か…

中井貴一といえば サラメシな感じなのに このドラマでの 中井貴一はかっこよすぎる。 声が全然ちがうぅ。 盗人目線ですすむドラマも 味わい深い。 阿部式部も色っぽいしなぁ。 このドラマはぞくぞくっとしながら 見ています。

どちらかというと第二夜の方が個人的に好き。 謎解きよりも 登場人物の人間臭さがあふれていたからです。 勝呂武尊がいちばん人間臭さが薄かったくらいで。 探偵ではなく名探偵と訂正するくらいかな。 藤堂を刺す場面は 今までの人間臭さが蓄積されてたので …

よくよく考えると三谷幸喜のドラマを テレビで見るのは久しぶりな気がする。 否々地上波テレビが久しぶりなだけですね。 来年は大河ドラマがあるから いっぱ〜い見られるんですけど。 特急東洋での殺人事件。 アガサクリスティのものはいろいろ見てるのです…

私自身は「坂の上の雲」の時代とその主人公たちの 生き方や考え方に共感できてるわけではないのですが でも、このドラマはどうしても見入ってしまいます。 私の祖父母が生まれたであろう時代の人たちの考え方や 生き方、貫き方が今とはやっぱりひどく掛け離…

TV TV

今年は3ヶ月放映やった。 毎年6ヶ月やってたように思うんやけども。 あっという間に最終回でちょっぴり残念。 この最終回はとても面白かった。 今期は相棒を全く見てないので 久々に仕事と現実の間にある歯がゆさを 客観的に見ることのできるドラマで面白…

これも宮部みゆきの時代小説が原作。 だいぶ前に読みました。 だいぶ前だったので 記憶がなく、話の筋でさえも こんなことあったかもって感じで見ています。 このシリーズはたくさん読みすぎて 記憶があれれれ?って感じになってます。 風間俊介がいいですね…

先日の最後の事件を見た。 随分ポアロが高齢になってて ヘイスティングス君も 白髪の年配になってた。 それに加えて ドラマのすすみ方の異様な雰囲気。 あまりに異様で見始めると 止められないものでした。 おもしろかったなぁ〜。 しみじみとおもしろかった…

最終回がハッピーエンドでよかった。 西別府先生が楽子に嘘をついたまま 自分にも嘘をついたまま 離れていくという展開は 個人的に大嫌いなので。 西別府先生が楽子と闘おうという気持に なってくれて本当に良かったです。 そして 最後の最後に東海林先生も…

ずっとずっと見たかった 「君となら」を見に行きました。 シアタードラマシティに行きました。 再演なので 演者は全員変わっているのですが でも とてもおもしろかった。 帰り道は浮き足立ちました。 少し飛んでました。 はじまる前に パンフレットの三谷幸…

そこをなんとか2 なんとなく見ていたらおもしろいってドラマが NHKには多い。 弁護士の仕事について参考になるかなぁなんて気持で 見ていたらついついのめり込んでしまった。 西別府先生の無表情ながらも 娘にそして楽子に深い愛情を注ぐ様子に 胸が熱くな…

北別府さんどうぞ さすがに笑いましたし 胸にずきんと重く突き刺さり うずいたりもしました。 ドラマだけども詩だなと思った。 まぁ小日向さんの存在は大きかった。

TV TV

全部見た。 全部おもしろいと思いました。 もともと おやじってずれるんだなぁと思いました。 それは 時代になのか 子どもとなのか わからないけれども。 ずれた存在である おやじが頑張ってる姿が大事なんだと思いました。 それは汗みず垂らして努力してい…

只々そこに居ることだけでいいという存在であるべき 子ども達が大人の世界に少しずつ触れることで 大人の濁った世界に馴染んでいく。たった1年の間に子ども達の絵に色がなくなっていくのが 本当に衝撃だった。 子どもってこんなに簡単に変わってしまうのだ…

TV TV

深夜枠の時に見逃してしまっていたので 見られる!と嬉しく思ったのでした。 奇想天外やけども 料理の材料はその時代に 食していたであろうものを 使っているし なかなかおもしろいと思っています。 少なくとも黒田官兵衛よりも ぶっ飛んでるわりには 丁寧な…

ずっと前から見たいと思っていた 三谷文楽を見に行った。 台風11号の最中、電車が動かなくなるかもという 危険性があったので 急遽ホテルを予約して前入りして今日を迎えた。 文楽は演じている役者が人形なんだけども 全然人形ではなかった。 動きの柔らか…

SHERLOCK三昧な毎日から 最近はいろいろとまたテレビを見るようになりました。 今は実はおわこんテレビがおもしろいと何回か見てる。 千葉真一というそれっぽい人が所長の 番組制作会社を中心としたドラマ。 そうだ! 小泉孝太郎が出てて この人本当におもし…

今週のドクターGはすぐにわかったぞ! 私もおなか痛持ちなので 「これやったら嫌やなぁ」と思っている 一番怖い病気を独り言で言っていたら その病気しかなくなった。 本当に怖いんだよ。おなか痛は。 新撰組!!土方歳三の最期の一日 今、なぜ?再放送なの…

NHKの制作番組ではないけれどもね。 ま 春になっていろんなドラマが始まっているにもかかわらず SHERLOCKだけしか見ていない毎日を送る バスカビルの犬のエピソードはおもしろいです。 ベストかも。

BRでseason2を見る。 4月末にはNHKでも見られるのだが。 日本語を見たり 英語を見たり 話の内容を丸覚えしたら 英語も判ってような気がしてくるから不思議である。 ライヘンバッハヒーローで ジョンがシャーロックのお墓の前を歩く時 少し足を引きずってい…

個人的には 相撲は雰囲気だと思っているので 雰囲気を持っているお相撲さんが やっぱり大事だと思うのです。 なので 白鵬は好き 琴欧州は好き 豪栄道は好き 遠藤は好き 琴奨菊は好きだけども 今場所のテーピングだらけの 琴奨菊は好きじゃない 最近の稀勢の…

TV TV

裏切りませんなぁ。 登場人物の個性がしっかりしてて 俳優さん達もそれに忠実なんだと 個性がきっちりと表情やたたずまいから 溢れている。 それと、 ナレーション。 麻美れいさんのナレーションなのだが 麻美さんの声やないみたい。 このドラマの進行を邪魔…

TV TV

今週もいろいろ見ましたが 隠蔽捜査が最高におもしろかったです。 ちょっと声を出して笑ってしまいましたよ。 で、思ったのですが 緊急取締室も 話の筋はおもしろいのですが 短くし過ぎなのではないかと思います。 今週のも2、3週続けても良いのではないか…

TV TV

隠蔽捜査がおもしろいなぁ。 かっちかちのキャリアが 所轄という村的な社会で 彼なりのポリシーを持って 職務に取り組んでいく姿に こういう上司だったらなぁなんて思ったりします。

今回のは橋本一監督のカラーが よく出ていたからすぐ、わかったよ。

TV TV

取り急ぎ。 淡々と見ていたけれども 突然涙が溢れ出ました。 オヤジばっかりのドラマじゃんって 感じですけども なんか中年頑張らなあかんでって ドラマのようにも思います。 ビールの泡のような毎日を過ごしていますが 消えて無くなってばっかりでも あかん…

TV TV

これはすごいおもしろい。 びっくりしました。 小日向さん。 大杉さん。 でんでん。 恐ろしく芸達者な俳優の中で 天海祐希の烈火な強さ。 これは女の強さだなぁ。 少しセクハラな表現も見受けられるのですが 私は全然気にならない。 むしろとても現実的。 私…

あっという間に新年がやって来た。 いろんな最終回を振り返りたかったのだけれども ダンダリンしか振り返られず。 八重の桜とかクロコーチとか いろいろ見てたんだけれどもなぁ。 もう思い出せないな。忙しすぎて振り返られないというのも ちょっとダメなん…

TV TV

ダンダリン給与をもらうだけが仕事ではないということ。 給与をもらうならば 人間としての尊厳が守られないような形態の仕事でも 労働者はするしかないのだという また、労働効果は報酬だけであるという そういうような間違った考え方に対して 労働者自身が…

TV TV

労働基準法 法律の文言を聞いていて 涙が出てきたわ。 当たり前のことを 言葉として確認すること。 こんなに感動するもんなんだなぁと 思いました。

大阪初日という すんごい貴重な日の舞台を見に行くことが出来ました。 もう、今の気持ちは一言で「感動」。 涙腺壊れてる。 家族と人生。 いっつも仕事で考えさせられるから そこをつっ突かれると号泣してしまいます。 私に触れてと泣く姿は 本当に今の子ど…

TV TV

おもしろい。 おもしろすぎる。 私 このドラマ好きだわ。 リーガルハイの裏番組なのですが これ 真っ向勝負なところが好きだ。 そう リーガルハイと真っ向勝負なんだ。 社会に真っ向勝負。 捻ってない。 ただただ 世の中の澱んだ部分と (完全な悪ではないと…

食中毒の件。 食堂とか給食関係の人は きっとみんな突っ込んでいたと思いますが お客さんに提供した食品は全て保存するので すぐに始末することはないのです。 翌日に片付けるなんて 家庭料理か?って思いましたわ。 腸炎ビブリオなんて ほんまもんの名前、…

1か月で一気に嫁に行ってしまうめ以子。 早いぜ。 話にのめり込んでしまう自分。 西門さんとのロマンスに 胸をときめかしてしまうのでした〜。 め衣子が本当にめ衣子に見えていて 原田泰造がめ衣子のお父さんに見えてしまっている。 顔かたちが似てるんじゃ…

TV TV

北村有起哉が出てるので見はじめたドラマ。 どんどんどんどん 見入ってしまいます。 なにが胸にしみるのか 言葉にできないのですが 言葉にしても 言葉にしたものではないものが 胸にごつんと熱くさせます。今週は特に号泣やった。 行き着くところ 幸せってな…

TV TV

相棒SPと重なったので 視聴率が下がったとニュースになっていましたが それだけが原因ではないでしょう。 少し前半ダレた。 ちょっとなぁというぐだぐだ感が否めない感じ。 内容は悪くなかったんやけども 登場人物が多くなり過ぎたのか? 古美門との対比がち…

TV TV

うさんくさいなぁ。 て 感じ。 なにもかも信じられず。 自分の善と悪を唯々信じるしかない。 て そんな感じ。 続けて見ようかどうか 悩んでるけど 消化不良に苦しみそうだなぁ。 確かにずぶずぶな面白さに魅了されてしまってる。

八重の桜

NHK

脚本の人がかわりばんこになって 話がサクサクする感じになって なにを一番大切にしたいのか なにを思い入れているのかが わかりにくくなった。 歴史の出来事を説明するだけでは 面白いもんではないのだなぁと逆に実感する。 もたついていると言われていたみ…

 怪奇大作戦(セカンドファイルとミステリーファイル)

NHK

西島秀俊のセカンドファイルは ついこないだの番組やと思っていたのに 西島さんがあまりに若いので ちょっとびっくりした。 内容はセカンドもミステリーも相変わらず 私の好きな内容で、わくわくわく。 あり得ないけど、この日本のどこかで こういう事象があ…

 特捜最前線2013

TV

物語のまったりとした動きを 映像があれれれっっ??て感じで 引きつけました。 監督さんの手腕でしょうか? そういう意味では また見たいと思ったりします。 続くと胸焼けするのかもしれませんが。 こういうのもたまにはありでしょう〜。

早いものであまちゃんが終わって 一週間が経ってしまいました。 あまちゃんをずっと楽しみにしていたので この半年間は本当に幸せな楽しい毎日でした。 http://www.asahi.com/culture/update/1001/TKY201309300457.html?fb_action_ids=533251060088460&fb_ac…

TV TV

半沢に出向を言い渡す頭取が 少し軽めにおっしゃられたので 白戸家のお父さんかと思ってしまいました。 おもしろいドラマでしたが もう少しおふざけな感じも欲しかったかなぁ。 なぜなら勘違いしそうだからです。 どういう風にふざけたらよいのか わかんない…

西南戦争でございました。 西郷隆盛が武士の悔しい気持ちすべてを 背負って逝ってしまいました。 山川と対峙した場面は最高でした。 西郷隆盛のおおきさを見たような気がしました。 憎んだり 悔しんだり 悲しんだり うろたえたり そういう姿が出るのは生きて…

今週は演出の妙なのか? 詩的な流れを感じました。 あえて 行間を埋めずに あの瞬間と対峙した 自分たちの記憶で 時間の流れをみせたように感じました。

午後2時46分から おおよそ午後3時30分くらいまで そのあいだの判断が 人生を分けた。 その瞬間は長いようで あっという間に過ぎた。 今日のあまちゃんは その瞬間の緊張感に包まれた空気から 少し離れた東京という場所に居たので 視聴している者にとっ…

夫婦善哉

NHK

本当にあかんたれな柳吉を 一生懸命支える蝶子の姿が 阿呆やなぁと思わずにはいられない。 でも、きっと私も柳吉を好きになると 確信する。 理屈だけであればあかんたれで切り捨てるんやけど 愛情は理屈ではおさまらない。 だから、梅新の親父様も柳吉の生き…

八重の桜

NHK

襄のプロポーズ 新しい一歩を踏み出す前の 苦しさ、その最高潮でした。 尚之助さまの生き方と 襄の生き方が 全く違うから 八重は襄に光を感じたんだろうなぁと 思います。 「また置いていかれた」という 八重の切なさ。 強い女性なだけにその気持ちのそばに …

ここ最近で今日が一番好きなパターンでした。 鈴鹿スペシャルを飲んで うぉぉぉぉぉぉって叫ぶ正宗さんの姿や ユイちゃんのうわっって表情が よかったわ〜。 さいこうよ〜。

先週に続いて今週も 最高に楽しくて嬉しくてのめりこむ あまちゃん。 恋にのめりこむのも オーディションにのめりこむのも 懸命なアキの姿に 見ているほうは一緒に 一喜一憂して 口角が上がってくる。 幸せな朝。 私個人としては やっぱしね、 ミズグチでし…

前々から塚地武雅は すごいぞ!と思っていましたが 今回は完璧でした。 空気感がユイちゃんそのものでした。