夏休み

今週は休み明けの仕事にしては、すごい忙しさであった。
頭が回らなかった。
身体がついていかなかった。


私自身の気持ち
どうせ赤字になっている事業なら
事業の意味を訴えることが出来るような
中身を探っていきたい。
よそが出来ることを赤字で行っていく意味はない。
よそが出来ないと断られるような人に対して
この事業は意味があるのだと思う。
そして、よそが出来ないと言ってしまい、
どこにも救われない構造を改善するべき。
よそに委託していく事業がこれから増えていく。
委託された事業の質をどのように維持していくのか。
出来ることしか、しない姿勢はあかんて。


これからは独居が増える
医療費が払えない人が増える
息子や娘に放棄される人が増える
公共の場で倒れてしまってもひとりぼっちの人が増える


疲れた〜。
そして、疲れる〜。

広告を非表示にする