小松帯刀

瑛太よかった。
この日のために
少し太らせたのかもしれない。
それぞれの経験を重ねて再会し、
心の言葉をかわしても
経験の重さは変えられない。
瑛太の表情の微妙な変化は
その経験が実在しているかのように感じました。


情報の流通が疎い時代の大きな変化。
この変化について行くためには
速効性は必要ではないのかもしれないと思いました。
着実に生きるということは
変化に、流れの勢いに負けない生き方なのかもしれません。

広告を非表示にする