完璧だった

今年の正月は宮部みゆき、井筒平四郎につきる。
ぼんくら、日暮らしを読んだ。
どちらかというと
ぼんくらが好き。
決着がつかなくてうやむやになるけれども
世の中万事こんなものなのかなぁと思う。
日暮らしは決着がついてすっきりするけども
こういう動機ってやだなぁと思う。
時代劇はテレビも小説も面白い。
学ぶべき諸処があると自分は思う。
おもしろかった。

日暮らし(上) (講談社文庫)

日暮らし(上) (講談社文庫)

ぼんくら(上) (講談社文庫)

ぼんくら(上) (講談社文庫)

日暮らし(中) (講談社文庫)

日暮らし(中) (講談社文庫)

日暮らし(下) (講談社文庫)

日暮らし(下) (講談社文庫)

ぼんくら(下) (講談社文庫)

ぼんくら(下) (講談社文庫)

広告を非表示にする