哀悼

私はMacでコンピュータという道具を覚えた人なので
私の強引な使い方をすべて受け止めて
それでも、Macなりのペースを崩すことなしに
コンピュータを自由な道具として
どのように主体的に使おうかと
考えさせてくれるきっかけになりました。


いろんな人生があり、
いろんなものの見方があるけれども
彼の幕引きもまた
じゃあ、あなたはどうするの?と
言っているような、、、そんな感じ。


先日購入した私のMacBook Airの年輪に
彼の生き方も刻まれたと思う。

広告を非表示にする