読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2回目から拝聴。
国会で頭に血が上って
情報提供した人の保護を忘れてしまうという
政治家が主役だった。
アホだぜ〜と思った。
こういう手法しかないのか?日本は。
弓成さんも情報内容の重大さに
どう手を付けてよいものか
お手上げやったんやないのか?
で、政局に依存したんやないのか?


なんか、何が大事なのか
何を大切にしていくべきなのか
判らなくなってきた。


あの国会議員だって誰かのためにと思って
頭に血が上ったんやろうけども
その自分の行為で誰かの人生を陥れたとしたら
それは密約文書を隠蔽してた行為と
たいした差はないのではないのだろうか。
おんなじ行為ではないのか。


正義の味方な顔して
誰かの人生をダメにしてるんだ、みんな。