読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命の人
相変わらず、いろいろと考えさせられます。
弓成さんはこのスクープを持ってして
何を成し遂げたかったのだろう。
あかんあかんあかんって言ってばかりで
で、何がしたいの?と問いたくなる。
現実的な到達点としてどこを目指していたのか。
いまもあんまり変わっていないので
否、弓成さんみたいな政治家が増えてる気もして
ちょっとうんざりします。


くろねこルーシ
なんかふんわりしてて
癖になります。


キルトの家
山崎勉をはじめすごい俳優さんが出てるので
2回とも見てみた。
若干、津波は取って付けたようなエピソードでしたが
俳優の力で話の流れにのって見ることが出来た。
あの津波のあと、私たちの心の中には
ボランティアとか孤立化社会とか独居老人とか
社会現象としての問題は変化してくるのではないかと思う。
すぐに現れてくるとは思っていないけども。
だから人が生きていくうえで生じる孤独との距離感は
なんやかんや言っても、結局清盛の時代から変わっていないのではないかとか
考えたりもする。


へうげもの
利休の切腹でアニメは終わり。
茶に関わる者としていろいろと考えさせられる話でした。
おいおい泣いてしまった。
古田織部か?ってくらいに。