読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オノマチ糸子も今週で終わり。
来週から大往生するまで
晩年の糸子のドラマに物語が動いていく。
予告編を見て
俳優が変わった理由も分かった。
糸子が作った洋服で
お洒落していく人たちが
変わっていくのだ。
次週から
高齢者がいっぱい出てくるはず。
きっとオノマチ糸子では
本物の高齢者を相手にはできないんやろうなぁと
容易に想像出来る。
ま、ここからが小篠綾子
恐ろしい怪物のところだと思うので(ひどい表現でしょうか?)
ドラマにしないわけにはいかないとは思う。
尾野真千子はんもちょっと心残りだと思うのだけども。

三月のカーネーション
足腰が弱って、老眼になって、トイレも近くなって
いろいろと身体が思い通りにならないようになったとしても
年齢を重ねていくことは楽しいことなんだよ、って
そんなドラマを期待します。


それにしても善作さんが出てくるとは思っていなかったので
善作さんが見えた時は自分まで幻覚が見えたかと思って
とても焦りました。
千代さんの愛がいっぱいの顔を見てるうちに
時は流れるだけではなく、重ねていくんだなぁと感じて
大号泣でした。
土曜日でよかった、普通の日なら仕事に行けなかったよ。