読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にこれが、とうとう最終回となる。
もう、去年の夏から
楽しみにしてずっとずっと見てきたから
糸子の気持ちと一緒に
胸が痛んだり、舞い上がったり、自信を持ったり、
そんな毎日が終わったのだ。


星糸子とオノマチ糸子が最初に歌ったあの場面が
はじまった途端に涙がぶわぁっと出て来て
なんで涙が出るんやろうって考えたんやけど
もう、繰り返されない、時間が過ぎ去ったんやと
改めて実感したから。


DVDとか出たとしても
やっぱりあの秋から正月にかけてそして、この寒かった冬を
カーネーションとともに過ごした感情を愛しいと思う。