夫婦善哉

本当にあかんたれな柳吉を
一生懸命支える蝶子の姿が
阿呆やなぁと思わずにはいられない。
でも、きっと私も柳吉を好きになると
確信する。
理屈だけであればあかんたれで切り捨てるんやけど
愛情は理屈ではおさまらない。
だから、梅新の親父様も柳吉の生き方を見守ってしまうし、
妹もお金を渡してしまう。
蝶子のお母さんの危篤のとき
そんな時にもお母さんが
蝶子をずっと心配している姿に
本当の無償の愛情を見た気がしました。


今は本当の親子関係でも珍しいことだからなぁ。
いつも自分のしんどさばかりを訴えるもんなぁ。
嫌になっちゃう。

広告を非表示にする