真田丸

幸村誕生。
「村」はきっと九度山村が由来だなぁと
個人的には思っていました。
でも、くじで決めるとは思ってませんでしたが。


求められても
火中の栗を拾う気持ちにならない、ていうかなれない
私はね。
信繁の立場は
本当に自分の死が見えている大阪城に乗り込んでいくか否か
選択としては究極なものでした。


回想シーンに
今までの心打つ言葉の数々に突き動かされた信繁。
今までの自分の不甲斐なさに、頑張っても達成感のない人生に
それまでの言葉は、ああ!それにきりの言葉も
自分を賭けてみようという気持ちにさせたのか、と今
ここで書きながら思い至ったりしています。


これから人生をかけた戦を見るのか〜と少し気持ちが萎えたりするのでした。
見届ける覚悟はしていますが。

広告を非表示にする