悦ちゃん

面白かったぁ。
悦ちゃんが可愛くて
ああ
この子のために
何かしてあげたいと思うわな。

禄さんも
しみったれてるなぁというところがあっても
ここぞ!と
いう時には男らしかったし。

夢月も春奴もカオルさんも鏡子さんのお父さんも
癖があって
近くにいたら嫌だなぁと思うかもしれないけれども
それでもこのドラマの中では
嫌じゃなかったな。

昭和初期の方が
個性がとんがっている人が多かったのかなぁ?
多様性は昔の方が尊重されていたのか?

うむ〜。

最後にパパママソングを添付。この歌大好き。
www.nhk.or.jp

広告を非表示にする