新映像の世紀

前の映像の世紀も大好きで何度もなんども、見たのですが
今回のも全部きっちり見ました。
インターネットという手法が生まれて
テレビを超えて世界をつなぐことが容易になりました。
前と変わったところはここでした。
いや、前はこの世の裏側にある経済活動から世の中(政治)が
こんなに変わったのですよというのはなかったはず。
私たちから見えるものと見えないもの。
視覚に訴えるテレビやインターネットでは
見えないものがあり、調査研究の積み重ねが
とても大事になるのだと新しい発見でした。


それにしても山田孝之のナレーションはとってもいい。
これほど無機質なナレーションができる人とは思っていなかった。
最初の頃は山田孝之だぁと思っていたのですが
最後は誰が話しているのか、山田孝之はナレーション降りたのか?と
慌てたくらい、大人びたナレーションになっていた。

広告を非表示にする