夕べの相棒を

また見た。
夕べと違うのは
今夜はなぜかほろほろと
涙が出た。
35歳前後の人たちの就職氷河期
なかなか希望する仕事を得ることが出来ない
実態を近くでうっすらと感じていたので
その人たちのことを重ねて見てしまった。
自らビルから降りようと自分に気合いを入れる場面は
誰かが手を差し出してくれたら良かったのにと
思ってしまって泣けた。
話の内容もだけども
山本浩司という俳優の切ない孤独な気持ちが
ぐさっと伝わった。
じわじわとつらいドラマだった。

広告を非表示にする